Google+ Badge

ユーザーフォーラムレポート 2014 Spring

2014年3月18日(火)に第5回となる弊社ユーザーの集いである「Google Apps ユーザーフォーラム 2014 Spring」を六本木ヒルズ49Fのアカデミーヒルズで開催致しました。当日は遠地のユーザー様もハングアウトでご参加頂きました。


第1部

 1.Google セッション

 2.企画セッション事前アンケート集計

 3.ユーザーセッション

  ・A社(ソフトウェア開発業)

  ・B社(建設業)

 4.DSKセッション
   アプリ開発、Google 検索アプライアンス紹介

 5.グループワークほか(来場者様×DSK)
第2部 懇親会




<Session1> Googleセッション



今回のイベントも Google 社からは、話題の「ChromeBook」を紹介しました。すでに米国では販売されており、ノートパソコンシェアの20%以上を占めるようになっていると言われています。価格が安価であることは基より、今後のブラウザベースでの運用を高める製品で、来場者の皆様の期待は大きかったと思われます。









また、同じく問い合わせが後を絶たない、ハングアウトを使ったビデオ会議システム
「Chromebox for meetings」の紹介も行いました。米国での販売価格はリーズナブルな999ドルで、ハード構成、出荷時の設定や Google Apps との連携、利便性をはじめ、「使える」会議システムという印象です。







<Session2> 事前アンケートからの企画セッション(DSK&Google)


事前にご協力頂いたアンケートの集計結果を紹介し、管理者と社員様の意識の違いや、2,3年前とのハングアウトやドライブ利用への要望の移り変わりを共有致しました。その他には、Chromeの小技紹介(Chromeエクステンション)や、Gmailの便利機能の紹介も行いました。
また、もうひとつ上のサポート追求となりうるGoogle 社と弊社のプレミアムサポートについてご紹介いたしました。



<Session3> ユーザーセッションA社(ソフトウェア開発業)

社員の大半はお客様先に常駐という、勤務特性に合わせて、BYOD対策に取り組み、将来構想として仮想環境により自宅PCでもセキュアな環境で情報共有される事を目指しているそうです。

 また、自社の開発力を活かしGoogleAppsのAPIで独自カレンダー、MLリストの詳細閲覧機能(←写真)などを自社開発し業務効率と利便性を実現して運用されています。








<Session3> ユーザーセッションB社(建設業)


自社7拠点、グループ会社8拠点に加え、日々移り変わる現場事務所が40~60拠点もあり、インフラ、デバイスに依存しない Google Apps をフル活用されています。「第1回 Google+ コミュニティ事例コンテスト」で1位を受賞した利活用は流石です。メール、カレンダーは元より、ドライブでの提案資料、設計図面、予算~原価管理に至るまで一元管理を行い、また、現場進捗写真、コミュニケーションはGoogle+で運用されています。

さらに、GoogleAppsScript で予算の集計(写真→)やスケジュールも簡易作成と利便性を追求し、

サイトには機能アイコンと共有情報を配し、ALL Google とも言える運用は素晴らしい。弊社も見習わなければと脱帽です。



<Session4> DSKセッション(アプリ開発実績、Google検索アプライアンス紹介)

Google 検索アプライアンスの導入実績から、利活用して、多様化するデータ検索に係る業務効率の重要性を紹介しました。










Finger Piano Share(ピアノ鍵盤ソフト)、Sonata Note(楽譜ソフト)などのアプリや金融機関営業向けのゼンリン地図との連携アプリなど、スマホ・タブレットのアプリ開発事例の紹介を行いました。








 第2部 懇親会

ITソリューション事業本部長 杉山の発声で開演
 Google社スペシャリストのご挨拶
















和やかな雰囲気で各社様情報交換
 話は尽きず時間まで盛り上ががり...


<お礼 と ご案内>

  • 皆さまにいただいた参加費(総額 41,000円)は、全額、日本赤十字社を通じ、東日本大震災の復興支援のために寄付させていただきました。ご協力ありがとうございました。
  • ご参加の皆様におかれましては、長時間本当にありがとうございました。次回のご参加も心より、お待ちしております。 また、残念ながら今回のご参加を見送られた皆様も次回は振るってご参加下さいませ。
  • 最後に進行の時間配分、段取り等不手際があり大変ご迷惑をお掛け致しました。 次回の教訓としさらなる活性化となるユーザー会を目指していく所存ですので、ご容赦のほどよろしくお願い申し上げます。


DSKユーザーフォーラム事務局一






NTTドコモと Google クラウドビジネスにおける業務提携契約を締結


2013年10月11日 By 小林

 株式会社電算システムは、本日、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤薰、以下ドコモ)とGoogle Apps(TM) を中心とした Google の企業向けクラウドビジネスに関する戦略的パートナーとして、業務提携契約を締結いたしました。

電算システム 田中 靖哲 代表取締役社長 と
NTTドコモ 法人事業部 法人ビジネス戦略部長 松木 彰氏
■本提携の目的および内容

弊社は、2008年より Google エンタープライズパートナーとして Google の企業向けクラウドソリューションである Google Apps for Business(TM) の導入、運用支援を企業へ提供しております。2013年には Google Apps(TM) ユーザー向けのサポートやアドバイス、コンサルティングなどの品質と実績を評価され、 Google より 国内数社のみとなる「 Google Apps(TM) プレミアエンタープライズリセラー」の認定を受けており、現在600社、11万アカウントをサポートしております。

ドコモは、スマートフォンの法人市場拡大に向けて、 Google Apps for Business(TM) の取扱いを開始いたしました。 両社は、スマートデバイスの利便性とクラウドメリットの効果を最大限企業へ提供するべく、 Google Apps(TM) ユーザーへのサポート品質をより一層強化する観点から、戦略的パートナーとして業務提携契約を締結いたしました。

ドコモ様から次のようなコメントを頂戴しております。

「電算システム様の取組みは、導入前の極め細やかなコンサルティングからアフターサポートまで品質が高く、導入された企業様の業務改善に大きく貢献するものと考えております。本業務提携が、スマートフォン・タブレット市場の拡大に大きな役割を担い、企業様のモバイルを活用したビジネスを加速することを期待しております。」

【株式会社 NTTドコモ 取締役常務執行役員 眞藤 務様より】


■ 株式会社NTTドコモのお知らせ内容はこちら
http://www.docomo.biz/html/notice/20131011.html?boltp=p_all

■ Google Enterprise Japan Blogの内容はこちら
http://googleenterprise-ja.blogspot.jp/2013/10/ntt-kddi-google-apps.html

◆      ◆      ◆      ◆      ◆  

☆★☆ インフォメーション ☆★☆

電算システムのGoogle関連の導入事例、オプションランナップ、サポート、開発については
個別のお問い合せ、ご相談は下記へお願い致します。

☆★☆ お問い合わせ先 ☆★☆

電算システム システムエンジニアリング事業部 営業部
TEL:03−3206−1778(平日10時〜18時)





「Google Enterprise Japan Partner Award」6年連続受賞!

2013年8月9日 By 小林

2013年7月16日(火)にGoogleエンタープライズが開催したパートナー向けイベント、「Google Enterprise Partner Summit on Tour Tokyo 2013」にて、弊社営業部の北村友史が自身2回目となる「Google Enterprise Japan Sales Award」を受賞いたしました!



株式会社電算システム システムエンジニアリング事業部
営業部 Google Appsセールスマネージャ
北村 友史


〜Google Apps™ for Businessの豊富な知識と経験をもとに、
業種を問わず数多くの企業へGoogle Apps™を提案し導入を実現しました。〜





表彰制度が始まった2008年より6年連続受賞を続けているのは、弊社のみです。



これもひとえに皆様のご協力のたまものと深く感謝しております。
今後とも皆様のご期待に沿えますよう、DSK Google エンタープライズチーム一同全力をもってより良いサービスの提供を行なって参りますので、より一層のご愛顧をくださいますようお願い申し上げます。


  

《2008年〜2013年 電算システムの表彰理由》
  ■ Google Apps™ for Businessの導入実績
  ■ Google Apps™ for Businessの導入支援サービス
  ■ Google 検索アプライアンスの導入実績

 




    《電算システムの強み》
      ■ 豊富な経験と実績に基づいた最適なソリューションの提案
      ■ 安定した導入支援サービス
      ■ 導入後の手厚いカスタマーサポート
        ・アップデート障害情報配信
        ・24時間365日対応
        ・管理者向けサポートサイト
        ・ステータスダッシュボード
        ・プレミアムカスタマーサクセスサービス   
      ■ 充実の活用支援サービス
        ・Google Apps Script勉強会
        ・Google Apps100%活用セミナー
        ・ユーザーフォーラムの開催




◆      ◆      ◆      ◆      ◆  


☆★☆ インフォメーション ☆★☆

電算システムのGoogle関連の導入事例、オプションランナップ、サポート、開発については
個別のお問い合せ、ご相談は下記へお願い致します。

☆★☆ お問い合わせ先 ☆★☆

電算システム システムエンジニアリング事業部 営業部
TEL:03−3206−1778(平日10時〜18時)





電算システム主催:Google Apps ユーザーフォーラムのレポート

2013年6月12日




2013.6.7(木)14:30より、六本木ヒルズ49Fのアカデミーヒルズにて、電算システム主催:Google Appsユーザーフォーラムを開催いたしました。

当イベントは、電算システムよりGoogleAppsライセンスをご導入いただいているお客様限定の会となっております

毎日ご運用いただいております管理者様のナマの声をお届けし、活用事例やお悩み等、お客様全体で共有していただくことを主眼としておりますので、3社様にご発表いただきました。

3社様とも、話題沸騰中のJavascriptライクな言語、Google Apps Script(以下、GAS)をご活用いただいております。ですので、今回のユーザーセッションは、フィーチャーした内容なりました!

ExcelのマクロVBAをご利用のユーザー様にとっても、有意義な情報をご提供できたかと思います。

印象的だったことは、3社様とも、開発経験がほとんど無かった方や、もともとは情報システム部門出身ではない方で、独学で勉強してツールを作成し、業務に利用していらっしゃるということ。ある事例では、必要に駆られて(分からないことは、電算システムの勉強会コミュニティで質問しながら、)なんと3時間でほどで完成させてしまったというお話も!

これらのお話に、決して特別なスキルや経験はなくても、やる気と興味があれば、挑戦できるものなんだと、ご来場いただいた多くの皆さまが勇気づけられたのではないかと感じました。


さらには、Google社と電算システムからも今後のGoogle Apps活用に役立つ様々な情報新機能紹介があり、最後には懇親会など密度の高い一日だったかと思います。

ご参加者の皆さま、誠にお疲れ様でした。
また、今回ご参加できなかった皆さまも、次回はぜひご参加いただければと切に願う次第です。


《当日のアジェンダ》

【一部】

● DSK開会の挨拶

● Googleセッション
   「グーグルの最近の取り組みと、Google Apps ロードマップ」
   グーグルサービスを支える基盤とエンタープライズでの活用」
● ユーザーセッション (1)
   有益な情報は GoogleAPPSの中に!
● ユーザーセッション (2)
   「Road to 100% Google
● ユーザーセッション (3)
   「JavaScript未経験のおっさんでもできる GoogleAppsScriptでの業務ツール作成」
●  DSKセッション (1
   Google Apps アップデートと 電算システムからのお知らせ
 ● DSKセッション (2
   DSK Apps Technical Team のご紹介」

【二部】

● 懇親会 (立食形式)


   ◆      ◆      ◆      ◆      ◆  


《画像で見るユーザーフォーラム》



定員70名のところ、75名様にお申込みいただき、机と椅子をセットで配置する予定でしたが、急遽、テーブル付きの椅子を並べるだけのレイアウトになってしまうくらいの盛況ぶりでした!


Googleセッション



1st. グーグルの最近の取り組みと、Google Apps ロードマップ
ムーンショットの発想でグーグルが最近取り組んでいるGoogle Glassや自動運転車プロジェクトについてと、Google Appsのロードマップについて。

2nd. グーグルサービスを支える基盤とエンタープライズでの活用
Apps をより便利に利用するためにApp Engine 上でアプリケーション開発が進んでいる点や、Apps Script を使った Spreadsheets と Bigquery のデモIO等で発表されたCompute Engine (IaaS) のアップデートについて。


ユーザーセッション
1st. 有益な情報は GoogleAPPSの中に!
独学でGASを勉強し、様々な業務用ツールを生み出していらっしゃった管理者様より。“スケジュールの取り出し”ツールのご紹介から、バックアップとしてもつかえる、Google Apps Scriptの新たな側面についてもお話しいただきました。また、当社からぶつけた質問にお答えいただく、Q&Aのコーナーや、AppsScript無料勉強会のご紹介も行いました。

2nd. Road to 100% Google
入社当時は現場のアカウント営業。その後、社内システムに興味をもち、情報部門に移動されたご経験をもつ管理者様より。現場に振り回されるのではなく、現場からの要望に基づき、最適な提案を行うことで、業務効率・生産性を向上させようという同社では、その手段の一つとして、GASを使っておられます。カレンダー×GAS、スプレッドシート×GASの独自ツールのご紹介や、IT戦略にかける想いとGoogleプロダクトとの利用についてお話いただきました!

3rd. JavaScript未経験のおっさんでもできる GoogleAppsScriptでの業務ツール作成
バージョンアップの問題にサヨナラをして、Google Apps Scriptを使った、脱マクロ・脱Excelを推進していらっしゃるユーザー様より。GA とGoogleドライブを活用し、各種ログイン情報やプロジェクト情報など機密性の高いデータをセキュアに授受する方法を確立している事例について、お話いただきました。

DSKセッション 


1st. Google Apps アップデートと 電算システムからのお知らせ
Google Appsの新機能やちょっと便利な使い方・裏ワザのご紹介と、電算システムで開発した各種便利ツールおよびGoogle+での取り組みについてのご案内など。画像は、新機能のリモートデスクトップのデモ。その他、Google Apss・Google App Engine・Google検索アプライアンスを利用した事例をご紹介しました。(関連セミナーはコチラ

2nd. DSK Apps Technical Team のご紹介
宣伝下手の当社ですが、サポートや開発も地味に地道に頑張っているんです。電算システムのサポート体制、開発体制、Google社とのアライアンス、資格取得(Google Apps Certified Deployment Specialistへの取り組み、日本初!Google社より認定を受けて正式サービスを開始したCustomer Success Service(CSS:Google Apps を最大限に活用頂くためのアドバイスとコンサルティングの提供など・・・etc.盛りだくさんでお送りいたしました。

株式会社電算システム代表取締社長:田中靖哲




【社長挨拶】 
懇親会の冒頭、当社社長からもユーザーの皆さまにご挨拶をさせていただきました。日頃、ユーザーの皆さまにお会いしたり、感謝の気持ちを直接お伝えする機会がなかなかありませんので、ご参加者様全員とお話させていただくことができ、大変喜んでおりました。







Google社:各スペシャリストの皆さま


【Googleのスペシャリストが集結!】 
Google(Japan)が誇る、各サービスおよびプロダクトのスペシャリストの方々にも、ご参加いただくことができました。向かって左から、既存クライアント担当、CloudPlatform担当、地図担当、Google Chrome 担当、サポート・CSS担当(2名)・・・と、写真に収められませんでしたが、導入担当の方にもお越しいただき、ユーザー様とお話いただきました。





 





Google社:エンタープライズ部門
マネージングディレクター 阿部 伸一氏




【Japanのエンタープライズ部門トップも!】 
なんと、大阪出張からそのまま会場に駆けつけてくださった阿部氏。その場でいきなりスピーチをお願いしたにもかかわらず、全員が耳を澄ませて聞き入ってしまうほどの、心に沁みる素敵なお言葉を頂戴しました。










  

六本木ヒルズ49階の眺望をバックに展示のご紹介



【自社開発のiPadアプリ展示・体験】 
iPadを展示して、電算システムが開発した
iPadアプリの体験会も行ないました。肝心の展示物が写っていませんが・・・^^;
学び直したい大人にもおススメの教科書アプリ(東京書籍様)やペーパーレスプレゼン、ペーパーレスミーティング(セキュアシリーズ)のアプリを触っていただきました。

≫ 東京書籍サイトへ
≫ 関連ニュースへ
≫ セキュアシリーズへ



a n d ...

皆さまにいただいた参加費(総額60,000円)は、全額、日本赤十字社を通じ、
東日本大震災の復興支援のために寄付させていただきました。

Posted by DSK Google Enterprise Sales 安西

◆      ◆      ◆      ◆      ◆  


☆★☆ information ☆★☆

Google AppsGoogle検索アプライアンスおよびその他Google製品・サービスの導入やSIについて、スマートフォンやタブレット端末での利用を目的としたアプリ開発についてなど、ご質問やご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

●担当:DSK Google Enterprise Team