Google+ Badge

一部のブラウザサポートの終了について

2010年 2月19日
Posted by 斉藤(DSK Google Apps Support Team)

既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、2010/3/1 より Google ドキュメントと Google Sites において、IE6.0、Firefox 2.0 のサポートが終了いたします。
また、2010 年後半には、Gmail および Google カレンダーにおける、これらブラウザへのサポートも停止する予定です。

Google 曰く、洗練された機能と性能を提供するためには、Javascript や HTML5 など、最新のウェブテクノロジーの活用が必要となります。とのことです。
※昨年のアップデートは 100 以上の機能改善・追加が有りましたが、今年も更に機能改善・追加が有るようです。

今後サポートされるブラウザは下記の通りです。

Internet Explorer 7 以上
Firefox 3 以上
Safari 3 以上
Google Chrome

Firefox は新しいバージョン 3.6 が公開されましたし、Microsoft も IE6.0 のサポートを 2010/7/13 で終了するようですので
これを機会に乗り換えてみるのもいいかもしれません。



Official Google Enterprise Blog はこちら
http://googleenterprise.blogspot.com/2010/01/modern-browsers-for-modern-applications.html

GoogleApps のヘルプはこちら
http://docs.google.com/support/bin/answer.py?answer=166887&hl=ja

Techcrunch の記事はこちら
http://jp.techcrunch.com/archives/20100129google-twists-knife-in-ie6-pulls-support-from-docs-and-sites/

Microsoft の IE6.0 のサポート期限についてはこちら
http://support.microsoft.com/gp/lifesupsps#Internet_Explorer




GoogleApps Postniサービス

2010年 2月15日
Posted by 丹下(DSK Google Apps Support Team)

今回はGoogle Postini Servicesの新機能のご案内です。

ちょっと聞きなれない話かもしれませんが、GoogleAppsのサービスの一つに、Postiniというものがあります。(Postiniって?というかたはこちらをご覧ください)

今月の初め、このPostini Services に、「Log Search」という機能が追加されました。

これにより、管理者の方はメール(メッセージ)の送受信の動作ログを見る事が出来ます。

これだけでは、「ふ~ん」といった方も多いと思いますが・・・

実はこの機能、GoogleAppsを導入されたメール管理者の方々が、非常に喜んで頂ける機能ではないかと思います。

これまでは

 「○○に送ったメールは届いたのかな? 」(送信メール)

         or

 「XXから宛てのメールは来たのかな?」(受信メール)


といった社内からの問い合わせに、メール管理者の方の対応として、弊社にお問い合わせいただく形でしたが、この新機能を利用する事で、メールゲートウェイとして構成されているPostiniの送受信のログが確認できれば、


 (少なくとも)外には送信されています。

         or

 (少なくとも)こちらには届いていません。


といった事をメール管理者の方が即座に調べて、問い合わせに回答する事が出来ます。


非常に裏方的なこのPostniサービスですが、ご利用になられていない方は、是非ともご検討をお勧めします。

ご興味のある方は弊社にご相談ください。




Googleがビジネス・ソフトウエア販売のオンライン・ストアを準備中

2010年2月09日
Posted by 山根(DSK Google Enterprise Sales Team)

米Googleがビジネス・ソフトウエア販売のオンライン・ストアを準備中と発表しました。
何だが凄い事になってきてますね・・・・・・

詳しくはこちらから→http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100203/344119/?ST=system

オンライン・ストアでは、Googleの企業向けWebアプリケーション・サービスGoogle Appsの機能強化や拡張用にサード・パーティが開発したソフトウエアを扱うようです。

この記事の最後に「Google Appsの顧客は有償版と無償版合わせて2000万人強だが,Microsoft Officeのユーザーは約5億人という」記載があります。当たり前と言えば当たり前だと思いますが正直驚きました。

最近のニュースではGoogleのニュースばかり流れていたので、無意識の内にMicrosoft < Googleとなっていたと思います。


以前からMicrosoft Officeを利用しているお客様が多いので、このような数字になるのだと思いますが、Googleドキュメントのバージョンアップでの機能強化が評価され、Microsoft Officeから乗り換えるお客様も増えていますので、近い将来、Microsoft < Google となるのではないかと思います。

これからが楽しみですね。それでは失礼致します。



Googleドキュメントやカレンダー、Gmailのデスクトップ ショートカットが出来る「Google パック」

2010年2月4日
Posted by 田中(DSK Google Enterprise Sales Team)

Google Appsを利用する上でお客様から、「古いブラウザを変えられない」とった話をよくお聞きします。
理由としては基幹システムがIE6でしか動かないとか、ユーザー教育が大変といった事があるようです。
こちらについて、一つの解決策として「見せ方を変える」という方法もあると思います。


今日ご紹介するのは「Google Pack」です。
要はGoogleが推奨する便利ツールの一括インストールなのですが、この中に「Google Apps」も含まれています。
これ、インストールすると単にデスクトップにGmail、カレンダー、ドキュメントのショートカットを作るものなのですが、クリックしてみるとGoogle Chromeを通常起動した際に表示されるファンクションボタンやブックマークバー、URLの表示のない「簡易画面」でそれぞれのアプリケーションが開く仕組みとなっており、知らない人が見れば単にショートカットをクリックしてアプリケーションを起動させたように見えます。



Google Pack
http://pack.google.com/intl/en/pack_installer.html

これを使えば管理者はユーザに「基幹システムは今まで通りのブラウザを利用して、Google Appsはこのショートカットから起動してください」とブラウザと切り離して説明することも出来るようになります。