Google+ Badge

GoogleカレンダーでもLabs機能

ちょっと以前の話ですが、

日本語のGoogleカレンダーでもLabs機能が追加されました。

http://gmailblog.blogspot.com/2009/05/tasks-now-in-calendar-too.html

管理者設定にもよりますが、おそらく今では全てのドメインでご利用できるようになっているかと思います。

まだまだGmailのLabsと比較すると機能は少ないのですが

ガジェットの追加など便利なガジェットが増えれば面白そうです。

「次の予定」は、次のスケジュールの開始までの時間がカウントダウンされます。

急かされるのが嫌いな人は逆効果でしょうが、そうでない人は分かり易くてよいかもしれません。

今後の発展に注目です!




GoogleAppsメール移行ツール

2009年9月26日 Posted
by 斉藤(DSK Google Apps Support Team)


GoogleAppsを始められた方に便利なツールを紹介したいと思います。
今回は、メールデータ移行ツールのGoogle Email Uploaderです。
   

   

PCローカルにあるメールデータをGmailへ移行するためのツールですが、対応メールソフトはMS-Outlook、OutlookExpress、ThunderBirdになります。
他のメールソフトには対応していませんので、OutlookExpress経由で移行していただく必要があります。


英語表示のみですが、ウィザード形式なので画面の表示を見ながら操作すれば十分操作可能です。

そんなGoogle Email Uploaderですが、これを使ってメールデータを移行することで、いくつかメリットがあります。


まず、PCローカルのメールデータがGmailへ移動するためPCローカルのHDDの空き容量が増えます。
普段は意識しませんが、意外とメールデータは容量をとっているものです。

そして、PCローカルから移動することで、PCのリカバリー時にデータの消失を気にする必要がありませんし、仮にPCを紛失しても、情報の流出の心配もありません。
(これのために、Gmailでの操作を推奨している会社も増えています。)

最後に、Gmailに移行することで外出先や携帯電話、はやりのiPhoneからもメール確認・送信が可能になり、データの一元管理が出来るようになります。


いいことづくめのGoogle Email UploaderとGmailのようですが、1つだけ欠点が。
それは移行に時間がかかることです。もちろん移行するメールデータの量に比例するわけですが、メールデータの量によっては仕事に影響が出かねません。
影響の出にくい日時を選んで実施してください。


Google Email Uploaderはこちらから
http://mail.google.com/mail/help/email_uploader.html

★★★参考までに動画を作成しました。★★★






GoogleSiteでプロジェクト管理!①

2009年9月18日
Posted by DSK Google Apps Support Team

  1. のファイルどこ?
  2. プロジェクトに新しいメンバーが加わるけど、今までの流れの分かる資料ある?
  3. スケジュール通りうまくいっている?
  4. あの議題はいつ話した?
  5. あの時に作った仕様に戻ってしまった。この資料、昔の資料に戻せない?
  6. 開発者みんなに紹介したいプログラムがあるさてどうする?



こんな事に、お困りになったことはありませんか。

私は特に「いつか話したアレ」いう事がたびたびあり、その都度、過去の議事録を探していました。


それがGoogleSitesを使用すると、簡単に解決します。

その方法を、ご紹介させていただきます。


1. サイトのオープン

[サイトを作成]をクリック










サイト基本設定を行う

[サイトを作成]をクリック 














次にプロジェクトメンバーを(参加する人)を設定

その他の操作⇒[このサイトを共有]を選択

  

   

   ⑥招待欄にプロジェクトメンバーを登録
     

 
    ⑦これだけで出来上がり



2.ファイル管理

   次にファイル書庫を作成

   ①[ページを作成]をクリック
   ②[ファイルキャビネット]を選択し登録
     


 
   ③これで書庫の出来上がり
     
   
 
  
④ここでファイルを追加すればファイルが書庫に格納されます。
    
    ※ここがSiteのすごいところ・・フリーワード検索はやはりGoogle! 
    右上の検索ボックスで検索すると、ファイルの中身まで検索するので、
    ファイルを開くことなく目的のファイルを見つける事が出来ます。
    
    これは便利です!
     


  Topページに書庫に更新されたファイルを表示してみます。
  ⑥ホームへ戻り[ページ編集]
  ⑦[挿入]から[最近の更新されたファイル]を選択
     
  
  
⑧出来上がり
     

    
  
  
 
  

今回はGoogleSitesの基本的な作り方、ファイルキャビネットの作り方をご紹介いたしました。次回はNewTopicの作成の仕方、Googleカレンダーの張り付け方をご紹介させていただきます。
では、今回はここまででお開き!