Google+ Badge

Google Appsステータスダッシュボードの日本語版リリース!

2009年6月30日
Posted by DSK Google Apps Support Team


Google Apps ステータスダッシュボード(日本語版)はこちら

今年の2月にリリースされて以来、英語のみの対応でしたが、
Google Appsステータスダッシュボードの日本語版がついにリリースしました!

現在の各サービスの稼働状況が一目瞭然で、とてもわかりやすいです。

問題発生した場合、こちらでは下記のような画面で詳細をご確認いただけます。



トラブル原因、内容公開や対応状況等ご覧いただけます。

以下ソース元より引用:
Appsステータスダッシュボードが新たに24言語になってグローバル化へ

弊社は本日次の一歩を踏み出し、新たに24言語利用可能なダッシュボードを作成しました。
スペイン語で、日本語で、弊社Google Appsのステータス(現状状況)をご覧いただけます。
 ~中略~
ダッシュボードの現在利用可能なものは下記の言語です:
英語、チェコ語、デンマーク語、ドイツ語、スペイン語、フィンランド語、フランス語、ヒンディ語、ハンガリー語、インドネシア語、イタリア語、日本語、韓 国語、オランダ語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語、ウクライナ語、ベトナム語、中国語(簡体字 と繁体字)

※情報ソースはOfficial Google Enterprise Blog(英語)


各サービスごとのご案内となっております。
現在の稼働状態の把握、トラブル発生の把握に是非ご活用くださいませ。



Googleセミナー ~検索アプライアンス6.0発表会~

2009年6月26日
Posted by 相村崇(DSK Google Enterprise Team)


6/19(金)にGoogle(渋谷)で開催された、Enterprise Partner向けの
Google検索アプライアンス6.0発表会に参加しました。




Google検索アプライアンス 6.0の詳細はこちら
※発表されたばかりの最新版です


急遽、米GoogleのプロダクトマネージャーCyrus氏も来日し、
開発責任者と直接交流出来る良い機会となりました。

説明会の内容は、Googleのエンタープライズの取り組みと
最新バージョン6.0の機能紹介でした。

Googleエンタープライズビジネスについてあらためて感じましたが、
とにかくスピードが速い!!

他社の10倍のスピードで、既存製品のバージョンアップ、新サービスを投入しています。
(翻訳機能については、1週間単位で対応言語が増えています)

電算システムもEnterprise Partnerとして、
同じスピード感でお客様にサービス提供をしていこうと思いました。


説明会の中心だったGoogle検索アプライアンス6.0の主な機能は、下記の通りです。

・処理能力が大幅に向上(従来の3倍!)
・サジェスト機能(候補表示)や翻訳機能など、検索の使い勝手が向上
・「ユーザーが追加した結果」などのソーシャル検索機能
・複数の部署のアプライアンスを接続して検索結果を統合
・セキュリティ認証のスピードUP ・バイアス(重み付け)機能の強化

などなど


詳しくはまた後日
こちらのブログでご紹介しようと思います。




Webブラウザ ~Safari 4.0リリース~

2009年6月23日
Posted by 丹下(DSK Google Apps Support Team)


最近はひとくちにブラウザといっても
Webページを見ていただけの時代から比較すると、その重要性は高まる一方です。

特にGoogleAppsを利用していると、多くの時間でブラウザを操作している事になるかと思います。

そんな中、6/12日にAppleよりSafari4.0がリリースされました。

※Apple Inc.ウェブサイトより
フリーダウンロードはこちら


私は基本のブラウザはFirefoxなのですが、
社内のWebシステム用はInternet Explorer(IE)に依存していますのでIEを使い、
そしてAppsを使用する場合は、速度を重視してGoogle Chromeも利用、
というような使い分けをしています。
Google Chromeのフリーダウンロードはこちら

さてそのSafari4.0ですが、体感的には最速です!
Chromeとほぼ同等ですが、IEとは、かなりの速度の差があります。

・・・とはいえ、体感ベースでは説得力がないので、
時間がある時にベンチマークをしてみたいと思っています。
個人的には、Safari4.0 オススメです。



Google Apps Sync for Microsoft Outlookでできること

2009年6月19日
Posted by DSK Enterpr
ise Team

前回に引き続き
Google Apps Sync for Microsoft Outlook(Google AppsとMicrosoft Outlookの同期ツール)について、違いや使用感
などのご紹介を致します。


※Google Apps Sync for Microsoft Outlook
ダウンロードサイトこちら(英語)


※概要やセットアップの注意点などはこちら(英語)



Microsoft Outlookでできること・メール、カレンダー、連絡先、のシンクロ(同期化)


※参考画像キャプチャ(メール


※参考画像キャプチャ(カレンダー)


※参考画像キャプチャ(連絡先)


・Apps Gmailのスター付きメール→OutlookのToDo化
フラッグリスト一覧へ同期化されます


※参考画像キャプチャ(ToDoリスト)

※参考ソース:
Google Enterprise Japan公式ブログ


Microsoft Outlookでできないこと
・Apps Calendarのファシリティ設定→無効化

・検索機能など他のOutlook向けプラグイン→無効化 ※参考ソース:
ITProエンタープライズ・クラウドニュース
ITMediaエンタープライズニュース


その他追加要素
・OutlookにSync issue(英語)追加
Outlook内にApps Syncのproblem issueが追加されます。

アラートインジケータがツールバー内にも付くので、ここで状況確認することができます。
また、ブラウザ等システム要件やネットワーク環境(オンラインかモバイル通信か)によって、バグ等の不具合発生は異なります。
(※先述のSync issueインジケータにてご参照ください)



上記が、現時点での違いや追加要素になります。

個人的な使用感から申し上げますと

OutlookからGoogle Appsへ導入期間(一時併用期間)にこのツールを利用されるのが、今はいい気がしています。
しかしながら、メール、カレンダー、連絡先等をビジネス上どのように使用されているか、また企業内のITコンプライアンスや利用規定によっても見解が分かれるところかと存じます。

Google Appsではより使いやすいツールや新しい機能をリリース予定ですので、今後もまたここで取り上げていきたいと思います。


尚、Google Apps Syncの導入に関する不具合と回避策に関しては、
Microsoft Office Outlook Teamブログ(英語)をご参照ください。



Microsoft Office Outlook Team Blog

※日本語の参考記事はこちら(マイコミジャーナル)




Microsoft OutlookとGoogle Appsの同期ツール  ~Google Apps Sync for Microsoft Outlook~

2009年6月16日
Posted by DSK Enterprise Team

Microsoft OutlookとGoogle Appsの同期ツールがGoogleよりリリースされました。
これによって、メール、カレンダー、連絡先をOutlookのインターフェースで利用でき、OutlookとGoogle Appsをシームレスに使うことができるようになります。
※情報ソースはこちら(英語版のみ)


以下ソースより引用:
Google Apps Sync for Microsoft Outlook
(Outlook用Google Apps同期ツール)

 Google Apps Sync for Microsoft Outlookは、Microsoft Exchenge Serverより、Google AppsバックエンドでMicrosoft Outlookを動作させてくれるプラグインです。
Google Apps移行の際は、エンドユーザーは慣れ親しんだMicrosoft Outlookのメール、カレンダー、連絡先(アドレス帳)のインターフェースを引き続き使うことができます。


YouTube(Google Apps channelより) ※音声あり



同期ツールのプラグインが含まれているバージョンや、ダウンロードについてなど詳しくはこちら


※尚、ご利用のPCのシステム環境や設定によって、セットアップ前の準備や処理時間がかかることもあります。
システム要件等、環境条件などの注意をよくご確認の上ご利用ください。
使用上の注意など詳しくはこちら(英語版のみ)




Google Appsパンデミック対策パックを提供スタート!

2009年6月12日
Posted by DSK Enterprise Team


本日午前(日本時間)、新型インフルエンザの警戒水準のアラートレベルに関して、フェーズ5からフェーズ6へ引き上げ、とのWHOの声明が発表されました。
(ニュースソースはこちら


また、日本国内における正式発表からも、引き続き予断を許さない状況となることが考えられます。
(参考ソース:
厚生労働省 新型インフルエンザ対策関連情報
YouTube 厚生労働省動画チャンネル 新型インフルエンザから身を守る知っておきたい感染予防策 ※動画、音声あり
国立感染症研究所 感染症情報センター 新型インフルエンザ 
WHO 世界保健機関 新型インフルエンザ A(H1N1) ※英文
Asahi.comニュース 「パンデミック、あと3年は続く」 WHO進藤医務官)


そこで今回は弊社電算システムのパンデミック対策パックのキャンペーン
『Google Appsパンデミック対策パック』提供スタートのご紹介を致します。

いくつかの特徴としては
・パンデミック災害時、在宅勤務環境への即時移行
・最短1日にて、数百人~数千人の利用環境の用意が可能
・バックアップメールシステムで業務ストップを回避
・即時に利用者を増やせるクラウドのGoogleエンタープライズソリューション
・メール、ポータル、ビデオ会議、オフィスファイルなど、すべてクラウドで利用可能

いざというときや、もしものためのリスクヘッジとしても、
新型インフルエンザ・パンデミック対策にGoogle Appsのご活用はいかがでしょうか。

クラウドの技術、弊社ソリューションで、皆様のビジネスをバックアップさせていただきます。

詳しい内容のお問い合わせはこちらまでどうぞ





Google Enterpriseソリューションセミナー開催いたしました

2009年6月9日
Posted by DSK Enterprise Team


  
 
Google Enterpriseソリューションセミナーを開催いたしました!
(プログラムなど詳しくは
こちらへ)


  

  

6/5(金) 三井情報株式会社 セミナールームにて 「Google Apps/Google検索アプライアンス活用セミナー」を開催いたしました。

お忙しい中多数の方にご参加いただきまして、誠にありがとうございました。
あいにくの雨模様でしたが、約100名ほど足を運んでいただき、心よりお礼申し上げます。

講演後の質疑応答やアンケートでも、参加者の多くの方からGoogle Appsに関する質問の声が聞かれ、関心の高さが窺えるセミナーとなりました。
また、細かい不手際が重なって満足のいくオペレーションではなかったりと、いくつか反省点もございました。
頂戴したお声や反省点をふまえて、次回、さらによいセミナーになるよう努力してまいりたいと思います。




Google Enterpriseソリューションセミナー開催







2009年6月4日
Posted by DSK Enterprise Team


このたび、Google Enterpriseソリューションセミナー(主催:三井情報株式会社、共催:株式会社電算システムにて)を開催いたします。
定員を超えるお申し込みがあったため、60名から90名にお席を追加いたしました。

その後ご好評につき満席を頂戴しましたので、受付を終了いたしております。

三井情報株式会社の開催案内はこちら
株式会社電算システムの開催案内はこちら


また、次回開催を企画中。
随時こちらでご案内いたします。