Google+ Badge

Labsから卒業したGmailのTo Doリスト

2009年7月17日 Posted
by 斉藤(DSK Google Apps Support Team)

GmailのLabsにありましたタスク機能(日本語ですとTo Doリスト)
Labsから「卒業」して、レギュラーメニューに仲間入りしました。



情報ソースはこちら(英語)
Official Gmail Blog
Official Google Apps Blog


ナビゲーションは、Gmailメニューの「連絡先」の下に「To Doリスト」とあります。




Gmail上でこのようなポップアップ形式で表示されます
※編集調整や最大・最小など、ご自分で設定いただけます



タスク管理やちょっとしたメモ代わりにもなりますので、
ご興味のある方は是非ご活用ください。




GmailのBeta表記が消えた意味

2009年7月10日
Posted by 北村(DSK Google Enterprise Sales Team)

長らくGmailのロゴに小さくBetaの文字がありましたが、先日そのBetaのロゴ表記が消えました。

すでにご存じの方々も多いかと思いますが、GmailだけでなくGoogle Appsの全アプリケーションが正式版に移行しました。




※情報ソースはこちら  ※元ソースはこちら(英語)

単なるロゴデザインだけの変化ではなく、
Gmail、Google Calendar、Google Docs、Google Talk、
そしてサイト構築機能のGoogle Sites、
動画共有機能のGoogle Videoも含め、

全アプリケーションからベータ表示が消え、正式版となっています。

これは企業向けソリューションとしての信頼性、さらなる改善や品質強化を意味しています。

実際に、私どももお客様に企業内でのBeta版利用を懸念されてご質問をいただくこともございました。

すでに、99.9%の稼働保証をしておりましたので、
「進化しているので永遠のBetaです!」

なんて回答をしていましたが、これで一安心です。

ユーザーエクスペリエンスの素晴らしさに加え、
機能強化など、
Google社としてよりスピード感のある取り組みがなされていくことでしょう。

私どももまた、Google Appsリソースにてよりよいご提案、ご支援ができたらと思っております。
皆様のビジネスにお役に立てるよう、今後とも向上してまいりたいと思います。




Gmail 「ラベル機能」バージョンアップ!

2009年7月7日
Posted by 田中(DSK Google Enterprise Sales Team)

※情報ソースはこちら(英語)

数日前、Gmailのラベル機能の仕様が変わったことをご存知の方は多いと思います。
一言で言うと
「ドラッグアンドドロップ対応」ということなのでしょうが、実際に少し触ってみると、使い方は勿論のことラベルの概念!?をも多少覆す機能に仕上がっていると思いました。

今までは言うなれば「拡張フォルダ機能」のように自動仕分け的に使用していた感じでしたが、今度のバージョンアップでは気になるメールに対して、文字通り「ペタペタ貼っていく」という使用方法がマッチしているのではないかと思います。

そもそも個人的にはGmailの検索機能があまりに優れているため
ラベルの必要性を強く感じていなかったのですが、
これにより例えば個々のメールに「すぐに処理」とか「暇な時に対応」など、
瞬時にタスクとしての処理方法の仕分けをする使い方もアリなのかなと思います。

ただ、上記のような使い方は「スター機能」でも実施できるので、
個人個人考えを巡らせて色々な活用方法を考えるのも一興だと思います。

メール処理術は奥が深いです。。





Google Apps resource site ~Microsoft ExchangeからGoogle Appsへの移行をご検討の皆様へ~

2009年7月3日
Posted by DSK Google Enterprise Team

Microsoft Exchange環境からGoogle Appsへの移行をご検討されている企業様へご紹介いたします。
ご検討の参考に、こちらのGoogle Appsリソースサイトをご覧ください。

以下引用:
Googleに切り替えよう お金の節約に お困りのイライラ回避に
マイクロソフトエクスチェンジから乗り換えるのを今まで以上に簡単にする、
Googleの新規マイグレーションとSyncツール(英語)

何故175万以上ものビジネス企業にGoogle Appsが利用されているのか、
そのわけはこちら(英語)


その他の日本語の公式情報サイトと合わせて、ご参照いただければと思います。

情報ソースURL:Google Apps resource site(英語)



Google Apps Sync for Microsoft Outlookを更新!

2009年7月3日
Posted by DSK Google Apps Support Team




数週間前の6月
Google AppsとMicrosoft Outlookの同期化ツールを取り上げましたが、その後の動向をご紹介いたします。

Outlook内も検索するためのWindows Desktop Searchの無効化問題など、
かねてより報告されたバグなど含め、いくつかの問題が修正され改善されました。
Google Apps Sync for Microsoft Outlookが更新されましたので、ここにご案内いたします。


以下引用:
2、3週刊前に弊社がGoogle Apps Sync for Microsoft Outlookを発表した際、
エクスチェンジサーバに関するユーザーエクスペリエンスとAppsのOutlookのユーザーエクスペリエンスと可能な限り同様になるように、徐々に改善していくことをお約束していました。
弊社はまず焦点をあてたメール、連絡先、カレンダーの修正に取り組みました。なぜならこれらの機能はApps Syncを発表する前にテストした100社以上もの企業から要求があったからです。
本日弊社は互換性を改善する上での進捗状況に関して2、3件の更新情報を共有したいと思います。

弊社とマイクロソフト社は最近共有した2つの課題に取り組むため、緊密に連携して、彼らの支援に感謝しています。
Windows Desktop Searchの機能は現在正常稼働してるので、Outlook内を検索するWindows Desktopサーチと、発表以来利用してきた元来のOutlook Searchと、両者間いずれも選択することができます。
弊社は、Microsoft Office Outlookコネクタープラグイン経由でWindows Live Hotmailにアクセスできるように、これらを追加サポートもしています。

-中略-
これらの追加機能や設定のアクセスするにはですが、現在すでにこのApps Syncのユーザーの方は自動的に最新ヴァージョンに更新されており、
新規ユーザーはすぐこちら(英語)でご利用いただけます。
いつものように、Google Apps Syncに関するより詳細の情報はヘルプセンター(英語)にて確認いただけます。
そして弊社は、
今後も数カ月以内に上級の応用機能をもっと追加し続けていきます。

引用ソースURL:
Updates to Google Apps Sync fot Microsoft Outlook
Official Google Enterprise Blog(英語)


参考ニュース:
Google、「Google Sync for Microsoft Outlook」の同期化問題を解消
ITmediaエンタープライズ
Google、『Google Apps Sync for Microsoft Outlook』を強化
japan.internet.com
グーグル、Apps Sync for Microsoft Outlookの不具合を修正
computerworld.jp